シーズヒーターとはなんなのか、どんな用途があるのかを紹介

シーズヒーターと聞いてすぐにそれがなんなのかわかる人はあまりいないかもしれません。ですが実際はかなり生活に身近なものとなっています。そんなシーズヒーターの特徴をご紹介いたします。

シーズヒーターとそのメリット

シーズヒーター,電気,工業用,産業用

シーズヒーターとは冬場に欠かせない暖房器具の一つであり、ニクロム線が使用された発熱体があるヒーターを指します。
これだけではピンとこないかもしれませんが、ガスファンヒーターなどではなくダイヤルを回して調節し、赤い柔らかい光を放ちながら発熱するヒーターで、類似品にカーボンヒーターが挙げられますがシーズヒーターはカーボンヒーターに比べて頑丈で壊れにくく、また速暖性に優れている特性をもっています。
そのためカーボンヒーターと迷っている場合はシーズヒーターをお買い求めいただく方が暖かく、尚且つ長い年月使っていただけるなどのメリットがあります。
寒い時期必ず暖房器具は必要ですが、部屋の広さなどによっても全く異なるのが暖房器具です。
その中でもひときわ暖かく、また安全に配慮された商品をお買い求めいただくのが大切であるといえます。
シーズヒーターはカーボンヒーターと混同されがちですが根本的に別物となっており、見た目は似ているものの使われている発熱体が異なり、カーボンの場合従来通りの速暖性が非常に高い仕様ではありますが、シーズヒーターは使われているニクロム線がカーボンよりも頑丈、また遠赤外線放射量がより多いものとなっており、カーボンヒーターよりも更に暖かくなるという性質をもっています。
冬場の朝のように寒くて辛い気温の中、早く暖かくなる暖房器具が欲しいと思う希望は皆様共通です。
けれど中にはエアコンの暖房は苦手、という方もいらっしゃいますし、部屋全体を暖めるのには優れていますがすぐには暖かくならず時間がかかってしまいます。
シーズヒーターはとても暖かくなる暖房器具ですが細かい調節も可能、また広く部屋を暖めたいときは首振りモード、一転集中の場合は固定したまま使用していただくことができ、必要のある範囲のみで使用者様の希望によって自由に暖かさを選んでいただけるようになっています。
エアコンやガス、石油ファンヒーターよりもより微調整が利くものとなっており、これら製品よりも暖かくしたいときはすぐに部屋を暖めてくれる、そんな使い勝手のいい商品となっています。
また部屋の広さにもよりますが大きい暖房器具を持ち込めないキッチンや洗面所のような場所でもシーズヒーターならば簡単に設置することができます。
最近はキッチンなどにも空調設備が整っている住居も多いですが、勿論全ての住居がそういうわけではありません。
かといって狭いスペースの為にエアコンや床暖房の導入のような大掛かりなことはしたくないもの、そんなときに便利なのがこれらシーズヒーターのようなサイズもさまざま、即暖性に優れている暖房器具といえます。
またこのような狭いスペースに置くためのシーズヒーターは小型のものが多く持ち運びも簡単、使いたい場所に片手で楽に持ち運び可能という利点もあります。
軽いものならば1kg台の軽量のものもあるので簡単に持ち運んでいただけます。
リビング用だと少し大きめのものが必要になりますが、こうした省スペース用のものも一台あると寒い時期とても便利です。

カーボンヒーターより、丈夫で長持ちするシーズヒーター

電気ストーブや遠赤外線ストーブの別名があるこれら製品は一見カーボンヒーターと類似しています。 ニクロム線使用のシーズヒーターを選びたい場合はしっかり確認してカーボンヒーターと間違えないように選ぶようにしましょう。
価格についてはカーボンヒーターのほうがいくらか安く設定されていますが、カーボンヒーターの場合3~5年の間で石英管が割れてしまうという傾向があります。
数年は使えても壊れてしまいやすいというリスクは抱えたまま、また使用中突然壊れてしまうと環境によっては寒さに耐えなければならず、とても不便です。
その点シーズヒーターは少し値は張るもののその分頑丈で壊れにくく、長持ちするというメリットがあります。
カーボンヒーターが大体長くて5年程度の持ちだとするとシーズヒーターは10年以上使用できるというメリットがあります。
ヒーターはあまり目立つ生活用品でもありませんが無くては困る必需品といえます。
一度購入したら長持ちし、使い続けられる製品を購入するのは重要でその為にもシーズヒーターは非常に有用ですし、別途灯油やガス栓が必要ないという点で、コンセントさえあればあらゆる場所で使用可能、また小さなお子様がいる家庭でも安全に配慮したシーズヒーターの販売がされています。
電気で発熱するため電気代が気になるところですが大体1時間当たり10円から30円、これらも省エネ機能付きのものを購入するともっと安くなりますので、日常的によく使う寒い地域だとこのような省エネ商品を購入すると電気代の面も非常にお得となっています。
本格的な利用からちょっと使いまで分けられるのがシーズヒーターの特徴となっていますので、寒い時期に重宝する便利な暖房です。
安全装置もついているものもありますので転倒などがあった場合即座に電源が落ちる仕様のものもあります。
おすすめ品をみていくと3万円近くであるシーズヒーターも、これから10年以上使い続けられ、利便性などを見ていくとおすすめできる品となっています。

安全性が高く、経済的なシーズヒーター

シーズヒーターはその高い遠赤外線放射から、IHクッキングヒーターのオーブンにも使われているものです。
調理にも使える程の遠赤外線と聞くと人体にとって低温やけどの危険がないかなども心配されます。
大人の方なら陥りにくい状況でも小さなお子様がいる家庭では危険が多いものと感じる方も多いです。
勿論発熱部分に触れるなどをしてしまう小さなお子様がいる場合は保護者様がきちんと目を離さないようにしておく必要がありますが、シーズヒーターは子供部屋に置く上で安全性の高い性質をもっています。カーボンヒーターですと急激な温度差に弱い仕様となっており、万が一水などをこぼしてしまった場合石英管が割れてしまい故障、また割れてしまった石英管は子供にとって危険なものともなりえます。
ですがシーズセーターはこういった温度差にも強い仕様となっており、万が一水がかかってしまっても発熱体が破損することなく、故障の心配もありません
小さなお子様の前での安全はどの暖房用品にも言えますがきちんと目を離さない事が大前提です、ですが自分の部屋を持つくらいの年齢になったお子様の部屋に置く場合は、万が一の事故があっても故障しづらく、転倒などがあっても即座に安全装置が働いて火事になる心配がないものとなっています。
また最近のシーズヒーターは温度センサーがついているものもあり、更に安全性を重視するなら高性能な人感センサー付きのものもあります。
そういった製品を用いれば目の届かない子供部屋に置く場合でも安心してお使いいただける上に、電気代もシーズヒーターは1時間当たり10円から30円程度と経済的、そして一度購入すると10年以上もつお財布に優しい暖房器具です。
局所的に温めるカーボンヒーターと異なり万遍なく遠赤外線効果で温めてくれますので、極端な低温やけどのリスクも少なく体の芯から暖めてくれる、そんな安全性の高い暖房機器として厳しい寒さの冬も重宝するものとなります。